Koh Madsum 連作 03 Koh Madsum 連作 02 リトルイタリー in NY apple store コペンハーゲンの朝 枯葉 雲 Chez Panisse 女王の誕生日 break River Thames  at night River Thames in the morning sun Museum Shop River Thames 03 River Thames 02 River Thames 01 London Bridge station Freddy's / フレディーズ 911E Koh Madsum 連作 01 巨木 マンゴスチン トラック La Cabane a Vin Eiffel et le café Villepinte 02 Villepinte 01 SANT PAU 香港四季酒店 GO TO TEKAPO Private Jet プライベートジェット ホーリークロスチャペル at セドナ グランドセントラルステーション Metropolitan Museum 01 GURTARO Human power what's happened MIKONOS CAT -03 MIKONOS CAT -02 MIKONOS CAT -01 Go West / ナミビアのGS What's going on Kucuk Ayasofya Camii Skyscraper Yalın kedi / 痩せた猫 Kedi geri sokak / 路地裏の猫 -02 Kedi geri sokak / 路地裏の猫 -01 いまにも話かけそうな猫 Vecchio treno Brother Orange

PROFILE

岡崎太郎

Taro Okazaki

僕が写真に興味をもったのは中学生2年の頃。もともと絵を書くのが好きだった僕は、 カメラで人物や風景を自由に切り取った写真を参考に絵を書いてみたいなぁとボンヤリと思ったのです。あくまでボンヤリと。
高校生になると写真部に入部します。でも経済的に一眼レフカメラを買えるわけもありません。 そんなわけで現像専門となり、薬品臭い暗室に入っては白黒のみの現像を担当してました。 印画紙から浮き上がる像を見ながら頃合いを見て定着させる。 何が面白いのと思われそうだけど、技術が上がると出来る領域が広がるよなぁと思いながら、いろいろ実験をしてました。

ようやく自分のカメラを買ったのは19歳の時。交通事故の見舞金がまとまって入ったので、あぶく銭にならないようにとミノルタのα5700iを購入しました。 同時にカラーリバーサルのフィルムを購入し、撮影を楽しんだのです。 今考えると、この頃の一枚は本当に高価でした。フィルム代と現像代、そしてプリント代で、1枚250円オーバー。 給与が手取り9万円なんて頃ですから、自然に1ショット入魂になります。身銭を切る感覚でシャッターを切っていました。 海外で撮影して、リバーサル20本なんてなると、全部プリントしていたら、軽く10万円オーバーを覚悟しないといけない状況です。

社会に出てからは、住宅建材メーカーのカタログの仕事で、撮影スタジオに2階建てのリビングを建て込みしたり、 壁紙メーカーや通販カタログの撮影に参加します。 なるほど商業カメラマンって大変だなぁとか、なにせデジタルではなくフィルムの時代ですから、色がよくよく転ぶわけです。 なので、必ずポラロイドで試し撮りをするなど、前世紀の趣きがありました。 しかし、この頃のカメラマンは、スタジオでは殿様で絶対的な存在でした。本番いきますと声がかかると息もできないほど。 携帯の呼び出し音なんてもってのほか。エアコンも止めるほどの集中でした。
その後、通信販売の仕事をはじめると、商品カットはもちろん、体験者の写真やイメージカットなどの撮影には、 約20年間、直接的に関係しました。なにせ僕はカメラが大好きですからね。

このサイトでは、そんな仕事の合間を縫って、主に「旅」をテーマに撮りためた写真を公開しています。


2013 State of Arizona

2013 State of Arizona


岡崎太郎の写真関連の著書

ABOUT PHOTOS

VOICE

ご購入いただいたみなさまからお声をいただきました

voice 01 株式会社 医療情報研究所 代表取締役社長 加用 宗忠 様

オフィスをデザインした時に、白を基調にしたスッキリした内装にしたんですが、逆に殺風景になってしまいました。 観葉植物を置いて、床の方はそれなりにいい感じなったんですが、白い壁に何もなくて全体的にはすごくバランスが悪かったんです。 そういう時にたまたまプレゼントで頂いたのが、岡崎太郎さんの写真でした。 海外の写真がシンプルな額に映えていてお洒落なオフィスにしたかった僕のイメージにぴったりでした。 現在はピクチャーレールを購入して彼の作品を3枚飾らせていただいています。 階段を上がった右手の壁にあるので、来客の際にお客様がいつもオシャレだね!と声をかけてくれます。オフィスの中で一番のお気に入りの一角です。

voice 02 株式会社 STAY GOLD 代表取締役 橋口 遼 様

自宅の書斎に壁掛けのように設置しています。 シンプルな机と椅子を買ったので、何を飾ろうかなぁと考えていました。絵にするか、写真にするか・・・。
今回、写真にして大正解でした。額の色味と写真の色調がとてもきれいで、飾り気のない書斎の机が一段とオシャレになりました。 また、オフィスにも一枚飾っています。ぼくのオフィスは壁一面が書棚を兼ねた埋込み式の棚になっています。そこの一区画に写真を飾っています。 本だけでは味気ないし、ちょうどいいアクセントになります。 絵を飾るのは家具や壁紙のバランスが難しいですが、写真なら溶け込みやすく、合わせやすいのでオススメです!

voice 03 チュラコス株式会社 代表取締役 与那覇 翔 様

誕生日に素敵な写真をいただきました。 あまりの嬉しさに会社での朝礼時みんなに披露したところ、とても評判がよかったです。 デスクの横に飾っていて仕事の合間にも 目にはいり、パリの風景を1人占めしています。
会社のスタッフからは「お洒落でかっこいい、他の写真もあれば教えてください!」と嬉しい声があり、 密かに社内のブームになりつつあります。この写真のインパクトはさすがです。 今度は、結婚15周年記念に妻に内緒で思い出の海外旅行の地や大好きな猫の写真を素敵な額縁に入れてサプライズプレゼントしようと考えています。